読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インスタントコーヒーの行方

最近はインスタントコーヒーを良く飲み、その行き先や飲む理由に思いを馳せますが、コーヒーについて研究しているわけではありません。

「コンテンツ文化史研究」創刊のお知らせ

tamait2009-05-21

そんなわけで告知です。コンテンツ文化史学会の会誌が出ます。私自身の論文も掲載されますので、ぜひともどうぞ。

http://www.contentshistory.org/2009/05/20/295/

コンテンツ文化史学会はこの度、学会誌「コンテンツ文化史研究」を創刊いたします。


学会誌「コンテンツ文化史研究」は、現在世界的にも注目を集めるアニメ・マンガ・ゲーム・映画・テレビ・音楽・ネットといった様々なコンテンツを俯瞰的に分析し、さらにその歴史的な連続性および非連続性にも着目して、膨大なコンテンツを文化史として捉え直すことを目的とした、コンテンツの分析を進める研究者、業界関係者のためのコンテンツ総合学術誌です。


現在会員の皆様には5月末に発送開始予定ですので、楽しみにお待ちください。


なお現在、会員登録をしていただけると会誌発行と同時に発送が可能になります。もし、ご興味がございましたら、せひともご登録ください。


目次
表紙イラスト:こさささこ


<ご挨拶>
吉田正高「コンテンツ文化史のあゆみ--学会誌の創刊ご挨拶にかえて--」


<論文>
中村晋吾「「オタク文化」時代に宮沢賢治を読む--「擬人化」の諸様態をめぐって」
玉井建也「「聖地」へと至る尾道というフィールド--歌枕から『かみちゅ!』へ--」
七邊信重「同人・インディーズゲーム制作を可能にする「構造」--制作・頒布の現状とその歴史に関する社会学的考察--」
井上明人「作品を解体し、融合させるシステム--ファイナルファンタジーシリーズを例に」


その他、書評など