読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インスタントコーヒーの行方

最近はインスタントコーヒーを良く飲み、その行き先や飲む理由に思いを馳せますが、コーヒーについて研究しているわけではありません。

コンテンツ文化史学会・第1回例会「コンテンツと場所」

tamait2009-06-16

よろしくお願いします。

 コンテンツ文化史学会(事務局:山形県山形市、会長:吉田正高)はこの度、 初めての研究報告会となる第1回例会「コンテンツと場所」を開催いたします。

 本例会におきましては「聖地巡礼」などコンテンツと場所を巡る話題を取り上げ、コンテンツ作品というフィクションと現実に存在する「場所」との連関性を検討します。 ライトノベルやアニメ、マンガなどで実際の「場所」がどう描かれているのか。また、翻ってそれらコンテンツ作品自体はどのような「場所」に位置付けられているのか。そして「作品」「ファン」「場所」という三者からは、現実にどのような関係性が浮かび上がってくるのか?2つの研究報告を元に検討します。

 先日のご案内では事前予約の必要がない旨、予告をしておりましたが、予想以上に多くのお問い合わせを頂いているため、事前申込を行うこととなりました。

 例会へのご参加を希望される方はお手数ですが、以下の例会参加申込フォームよりお申し込みください。申込は先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。お申し込みいただいた方には当日の研究報告資料をご用意いたします。

 当日参加につきましては申込の状況に応じアナウンスさせていただきますので、こまめに学会ウェブサイトをご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

 また例会終了後に簡単な懇親会を行ないます。こちらもぜひご出席ください。

  • プログラム(予定)

13:00 〜 13:15 吉田正高会長挨拶 (東北芸術工科大学
13:15 〜 13:55 土居浩(ものつくり大学)「ライトノベル[の/と]場所研究」(仮)
14:05 〜 14:45 玉井建也(東京大学)「異界・リアリティ・聖地」(仮)

  • 会場での入会受付

 また当日のコンテンツ文化史学会への入会申込・入会金払込も承ります。会場にて年会費をお支払いいただくと、学会誌「コンテンツ文化史研究」創刊号をその場でお渡しいたします。会費は一般会員6000円、学生会員5000円となっております。また、会誌のみの販売は今回行いませんので、予めご了承ください。

  • 取材申込、お問い合わせ

 コンテンツ文化史学会事務局まで直接お申し込み、またはお問い合わせください。

  • お問い合わせフォーム

http://www.contentshistory.org/contactus/