読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インスタントコーヒーの行方

最近はインスタントコーヒーを良く飲み、その行き先や飲む理由に思いを馳せますが、コーヒーについて研究しているわけではありません。

玉井建也・吉田正高『戦後日本における自主制作アニメ黎明期の歴史的把握』

f:id:tamait:20130421160730j:plain

財団法人徳間記念アニメーション文化財団平成22年度アニメーション文化活動奨励助成の成果報告書として玉井建也・吉田正高『戦後日本における自主制作アニメ黎明期の歴史的把握』(2013.3)を発行いたしました。表紙は今井哲也さんに仕事として依頼させていただきました。「どのようなイラストが良いでしょうか?」と今井さんに聞かれ、「女の子を!かわいい女の子を!」と返答してしまうという最早、何も考えていない嫌な顧客でしたが、素晴らしいイラストを納品していただきました。この助成金にて研究させていただいた内容に関しては、学術雑誌にて発表していく予定です。今のところ2本がそのうち発行されることになっております。

内容に関しては戦後、アニメ文化がテレビ放送とともに拡大していくなかで、模索された自主制作アニメを分析しております。中心的に取り上げているのはアニメーション3人の会と『つるのすごもり』になります。複数の大学図書館などに寄贈しておりますので、配架されましたら、ご覧ください。